RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
ダイエット=赤字決算にすりゃいい。
0
    大変ご無沙汰してしまいました。とりあえず復活です!
    ブログ休止中は本当にいろいろありました。まさに人生いろいろ、島倉千代子さんの世界です。人生には上り坂、下り坂、そして「まさか!」がある…。「うまいことをいうなぁ」なんて思ってましたが、40を過ぎるとそこそこ自分の歩んできた道程が見えてきたりします。まぁ、坂に例えていますが上下の変化だけでなく、左右にも曲がりくねってます。そして上りだったか、下りだったかは通り過ぎてから気づいたりするものですが、良くも悪くも「まさか!」の連続です。そして人生同様、企業経営(運営)にも「まさか!」の連続です。というか、全ては「まさか!」で構成されている。最近やっとわかったのですが、”デキる”経営者はこの「まさか!」を味方に付けているとしか思えない傾向があるように感じます。
    さて進化戦略を勉強していくと、当たり前のように生物の不思議に出くわします。その生物のディテールも生態自体にも、驚きと同時に自然(宇宙)の偉大なデザインセンスにただただ叫喚してしまいます。
    そんなこんなで、久しぶりのブログは「ダイエット」のお話です。
    実は最近またダイエットをしてまして、2ヶ月くらい前から今日現在までで10kgちょっと痩せました。目標まであとちょっとと概ねイメージ通り、順調です。このダイエット、もちろん動物の中では人間様と、人間に飼われているペットの一部だけがやってます(飼い主にやらされてる)。そして自然界に生きる動物は決してダイエットなどしません。必要以上に食べないというイメージがありますが、実際は常に食物が不足していると言えます。
    だいぶ前になりますが、私のとても太った先輩に「人間が飢餓(空腹)状態になった時に機能する生命維持システムは幾つかあっても、血糖値を下げる機能はインシュリンしか無いんだぜ。」と言われたことがあります。衝撃でした。つまり進化という観点から見ると、人類の永い歴史は飢餓との戦いだったのだと言えるかもしれません。人間という種が誕生して以来、飽食の時代と言われる様になって、たかだか100〜200年程度しか経ってない事を改めて教えられました。つまり、昔は人間もダイエットなんて言葉とは無縁だったのです。
    では何故太ってしまうのか…。答えは簡単「食べ過ぎ」ということです。では何故、人間は食べ過ぎてしまうのでしょうか。体質というせいにしたい思いもありますが、実は本能に従って目の前にある食べ物を食べ続ければ必ず太ります。もちろん食べても食べても太らない、特異な体質の方もいるとは思いますが…。そしてその本能をちょっとだけ狂わせているのがストレスらしいんです。ストレスの原因はさておき、ストレスを感じている脳(本能的な部分)は、体を守ろうとして栄養(脂肪)を少しでも多く蓄えようとします。また、満腹感は手っ取り早く手に入れることのできる快楽です。だから食っちまうのです。
    そういった事を理解して、きちんとした目的を持ってダイエットに取り組みます。ただ食事を抜くだけのダイエットは寿命を縮めかねません。ポイントは栄養のバランスのとれた食事と満腹中枢を意識すること。「次も、その次もちゃんと食事はあるわよぉ〜」と、脳に理解させるのです。そして体重計に毎日決まった時間に乗ること。私は朝をお勧めします。
    ここまで書くとあらためて経営と似てると思わざるを得ません。進化戦略の師匠曰く、経営の基本は「入るを量りて出ずるを制す」(最近は分度という言葉をよく使います)だそです。つまり痩せたい時には毎日を「赤字決算」にすればいいのです。どちらも必要なのは正しい目的と正しい手段です。そして自然(この場合は生物の仕組み)を味方につければ結構いけてしまうと思います。結果が出ると楽しくなってきます。さらに師匠曰く「私の指導する会社は、利益が出るようになってくると、不思議なことに自然と売上も上がってくるんだよ。」と言ってます。先日も岩手で開催された進化戦略研究会の全国大会でも、出席したほぼ全員が黒字になっており、その経常利益の総額はスゲーことになってました。先生は「ビリオン(10億)・プロジェクト」と言ってましたが、5年ベースで考えるとその数倍になっちゃいました。
    そろそろ締めますが、40半ばになり残りの人生を考える時、「分度」という考え方が少しだけ理解できるようになりました。会社も自分の体も、長持ちさせる秘訣は同じようなものなのですね。自然は全くもって偉大です。私たちは自然からもっと色々と学ばなければならないようです。
    | 生き物と進化の不思議 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    鰻釣りができなくなるのか?
    0
      このブログ、本当に久しぶりになってしまいました。いや、書こう書こうとは思っていたんですが…ネタはたくさんあるのですがどうも…。
      …とまぁ、細かいことは後にして鰻ですよ、ウ・ナ・ギ! なんですかぁ今年のこの鰻の高騰っぷりは。関内の「わかな」さんで【うな丼 ¥2,625】【上蒲焼き ¥4,830】なんとまぁお高い!スタミナをつけようと鰻を食べるためにスタミナ消費してしまいそうです。私の大好きな「命より大切なのは健康」という映画のキャッチコピーが頭を過ぎります。このキャッチは「ケロッグ博士」という映画のキャッチコピー。ブリジット・フォンダが出てたので観ましたが、映画自体はどうでもいい駄作です。ブリジット・フォンダはとても綺麗でした。
      相変わらず話がそれましたが、肝心の鰻の話です。私の趣味の一つに鰻釣りがあります。前はブログにちょいちょい書かさせていただいてましたが、実はまだ毎年続けてましたのです。鰻釣りをはじめて6年近くたちますが、昨年は全く釣れませんでした。しかし今年も頑張って釣ってます。夏休みに2回ほど行ったのですが、今年は例年とは違う釣り方に変えてみました。そしてこれが絶好調!一晩で家族分の鰻を釣ることができます。あともう一回今期中に試して、この釣り方を確立したいと思ってます。ただ…、タイトルにも書いたように、このまま鰻の数が減ってしまうといずれ鰻を釣ることが規制されるようなことになってしまうのだろうか。それが心配なので来週も釣りに行こう!私には時間がないのです。天然鰻が食べたい、または釣りたいと思っている方、私に弟子入りしてください。まずはミミズ捕りから教えます!
      | - | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      つばさくんのネットショップOPEN!
      0
        昨年ブログで紹介(参照)させていただきました、翼画伯の作品をカレンダーやポストカードにして販売を始められました!→つばさのお店
        サイプリでデザイン&印刷させていただいたものですが、私はもちろんのこと、サイプリのデザイナー達もつばさくんの作品の大ファンです。楽しいカレンダーに仕上がったと思います。ぜひご覧いただき、よかったら買ってください。
        (つばさくんのお母さんのブログ→自閉症児のいる暮らし)

        私の息子も自閉症という障がいをもっています。ツイッターやfacebookなどでたまに息子のことに触れますが、なかなか理解されにくい障がいといえます。今年は高校2年生になる息子もやがて大人になり、当然の事ながら私も歳をとっていきます。障がい児を持つ親にとって一番の悩みは「親がいなくなった(病気になった)時」の事です。息子には兄弟はいません。そんな家族の不安や心配をなくす事ができる仕組みがあればと、祈るだけでなく実現に向けて行動に移していきたい…私も経営者の端くれなので、最近はそんな事をいつも考えています。
        …ということで、とりあえずは息子、そして私とサイトウプリントが世の中の役に立つこと。そして今年から息子が通う学校に教材として、サイプリの仕事をやってもらう事になりました。今年は積極的にこちらの活動も強化して、いろんな人が楽しく生きられる社会づくりに少しでも多く貢献していきたいと思います。
        | - | 11:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        明けましておめでとうございます!
        0
          新年明けましておめでとうございます。
          昨年あったいろいろな事を糧にして今年は飛躍の年としたいと思います。
          今までサイプリを支えてきてくださったお客様、そして頑張り続けている社員の為にも、いい会社づくりに一層努力していきたいと思います。
          さて、今日より仕事が始まりましたが、昨年暮れ頃から感じていた“いい予感”を、今朝の朝礼で社員の顔を眺めて更に強く感じています。
          とりあえず、やる事は一緒。全力でいい仕事をしていきたいと思います!
          本年もどうぞよろしくお願いいたします!
          | - | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          メスがオスを奪い合う鳥「タマシギ」
          0
            人間の場合、プロポーズをするのは男の方…と、異論はあっても相場ではそうなっていると思います。この「選ぶ方」と「選ばれる方」の関係ですが、選ばれる方が常に競争を強いられる事になります。プロポーズとは“選ばれる方”のとる行動です。プロポーズの方法はその動物によってバラエティーに富んでます。
            ならば「選ぶ方」と「選ばれる方」はどこで決まるのでしょうか?力、つまりパワーに起因しているものなのか…。でもそれはズバリ!「繁殖速度」で決まることなのです。
            メスは体内で卵や胎児を育て、子育てにも時間がかかります。特にオスが子育てをしない動物の場合、メスは次の繁殖が可能になるまで相当な時間がかかります。しかし、オスはすぐに次の繁殖に取りかかることが出来るのです。子育てをしないオスの場合は特に…。なので繁殖可能なオスの数は、常に繁殖可能なメスの数を上回るという事になります。そうしてオスはメスと交尾が出来る機会をめぐって、オス同士で争う事になるのです。
            ではメス同士がオスを奪う動物はいないのでしょうか?「選ぶ方」と「選ばれる方」は繁殖速度の差で決まるので、オスが子育てをしている期間が、メスが次の繁殖可能になるまでの期間よりも長い動物は、メス同士がオスを争い合うという事になるのです。
            タマシギという鳥は繁殖期になると、メスがオスに対して求愛行動をとります。交尾を終えたメスは、オスが作った巣に卵を産みつけ巣を去り、別のオスを求めて求愛期間に入るのです。残されたオスは一人で卵を温め、孵化したヒナを育てます。この子育ての間はオスは繁殖にかかれません。タマシギのオスとメスの関係がこうなったのは、彼らの生息地がかつて洪水などの被害に見舞われることが多かったためといわれています。メスは別居状態で子育てをオスに任せることにより、より多くの卵を効率よく、そして確実に子孫を残すことが出来るようになったのです。りっぱな進化の戦略なのです。
            今騒がれている草食系男子。このまま女性の社会進出が益々活発化し、男性が専業主夫にであることが当然の事の様にになったら、女性からのプロポーズがあたり前の時代が来ますね、きっと。
            | 進化の話 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |