RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
<< 明けましておめでとうございます。 | main | お客様と一緒につくる >>
神奈川のこと
0
    私、生まれも育ちも神奈川横浜です。
    昨日、ある方からいただいた本で知ったのですが、神奈川という地名のルーツとなった川があったのです。・・・知りませんでした。しかし残念ながら、その川はすでにありません。昭和4年の関東大震災後の区画整理で障害となり、埋められてしまったそうです。
    その神奈川があった場所は現在の京急線の仲木戸駅付近、横浜市立神奈川小学校の脇あたりだったそうです。長さは約300メートルで、ふだんは水が枯れてあまり流れていなかったようです。また水源もわからず、上流のない川という意味で「上無川(かみなしがわ)」と呼ばれていました。その「かみなしがわ」が「かんながわ」となり、そして「かながわ」となったそうです。
    神奈川という地名が歴史に登場するのは約700年前の鎌倉時代といわれ、蒙古襲来の時の執権であった北条時宗が家臣に当てて書いた手紙の中に「神奈河」と書いたのが最初といわれています。江戸時代に入ってからは「神奈川宿」が置かれ、ご存知の通り東海道の宿場町として栄えました。
    そして安政元年(1854)の日米和親条約は、締結された場所から別名を「神奈川条約」と呼ばれ、明治の新政府は廃藩置県の際にこのことを重視し、「神奈川県」としました。
    また、神奈川と横浜の関係は微妙で、安政5年(1858)日米修好通商条約では神奈川開港でしたが、横浜開港になると諸外国はそれを条約違反して抗議したそうです。幕府は「横浜は神奈川の一部である」と押し切ったそうです。以来、横浜と神奈川の関係は微妙となり、神奈川県の中に横浜市があり、横浜市の中に神奈川区が存在する、ちょっと複雑な関係です。(かながわの川 -神奈川県高校地理部会編- より)

    | 社長のひとりごと | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.saipri.net/trackback/1426141