RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
<< 3月11日に発生しました東日本大震災 | main | 「どちらにしようかな…」のつづき教えて >>
進化圧
0
    前にも触れましたが、「進化圧」という言葉があります。
    私が師事する落合先生が以前多用していた言葉です。
    使い方はこうです…、
    「斉藤、進化圧を感じてるか?ダメだなぁ、意識を集中しろ。」
    ようは、進化を促すような現象(プレッシャー)のことを言っているのです。
    生命の誕生以来、私たち生物は進化を続けてきています。本来は悠久の時間を費やして行われる進化(変異)、その進化の経緯を遡ると、劇的な進化が起こるのは地球の大変動に大きく左右させられていることがわかります。つまり、環境が進化を促すのです。生存競争も環境のひとつですが、その生存競争も環境の変化に左右されています。
    そして進化のキーワードは「変異」と「選択(淘汰)」です。
    落合先生の「進化戦略論」は、企業が「変異」をして「選択」される…つまり選ばれる企業になるという戦略です(私の解釈)。
    あの地震以後、その進化圧が日本全体を覆っています。いや、世界を覆っています。今や進化圧を世界中の人々が感じることが出来ると思います。
    環境変化を察知した生命は新しい環境に対応する為の試行錯誤を始めます。あるものはその環境から逃げるための変異。またあるものは、前の環境よりかえって今の環境の方が優位になり、猛攻を仕掛けてくるパターン。そして新しい環境に全く対応できずに絶滅するものも出てくるでしょう。
    普段は目の細かい篩(ふるい)だった自然選択も、今回のような劇的な環境の変化の時には、とても目の粗い篩に様相を変えてしまうようです。
    落合先生の「進化圧」を普段から注意するように言われていましたが、自分の感度の悪さと、対応の遅さに今更ながら反省しています。
    今後、どのように社員や会社を護っていくか。そして、どう進化(変異)するか。またはしないか…。
    日を追って刻々と変化する環境と“にらめっこ”の毎日。
    さてさて、何を変えて、何を変えないか?
    まずは資源の確認です。
    | 生き物と進化の不思議 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.saipri.net/trackback/1428205