RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
<< お役に立てたかな? | main | 明けましておめでとうございます! >>
メスがオスを奪い合う鳥「タマシギ」
0
    人間の場合、プロポーズをするのは男の方…と、異論はあっても相場ではそうなっていると思います。この「選ぶ方」と「選ばれる方」の関係ですが、選ばれる方が常に競争を強いられる事になります。プロポーズとは“選ばれる方”のとる行動です。プロポーズの方法はその動物によってバラエティーに富んでます。
    ならば「選ぶ方」と「選ばれる方」はどこで決まるのでしょうか?力、つまりパワーに起因しているものなのか…。でもそれはズバリ!「繁殖速度」で決まることなのです。
    メスは体内で卵や胎児を育て、子育てにも時間がかかります。特にオスが子育てをしない動物の場合、メスは次の繁殖が可能になるまで相当な時間がかかります。しかし、オスはすぐに次の繁殖に取りかかることが出来るのです。子育てをしないオスの場合は特に…。なので繁殖可能なオスの数は、常に繁殖可能なメスの数を上回るという事になります。そうしてオスはメスと交尾が出来る機会をめぐって、オス同士で争う事になるのです。
    ではメス同士がオスを奪う動物はいないのでしょうか?「選ぶ方」と「選ばれる方」は繁殖速度の差で決まるので、オスが子育てをしている期間が、メスが次の繁殖可能になるまでの期間よりも長い動物は、メス同士がオスを争い合うという事になるのです。
    タマシギという鳥は繁殖期になると、メスがオスに対して求愛行動をとります。交尾を終えたメスは、オスが作った巣に卵を産みつけ巣を去り、別のオスを求めて求愛期間に入るのです。残されたオスは一人で卵を温め、孵化したヒナを育てます。この子育ての間はオスは繁殖にかかれません。タマシギのオスとメスの関係がこうなったのは、彼らの生息地がかつて洪水などの被害に見舞われることが多かったためといわれています。メスは別居状態で子育てをオスに任せることにより、より多くの卵を効率よく、そして確実に子孫を残すことが出来るようになったのです。りっぱな進化の戦略なのです。
    今騒がれている草食系男子。このまま女性の社会進出が益々活発化し、男性が専業主夫にであることが当然の事の様にになったら、女性からのプロポーズがあたり前の時代が来ますね、きっと。
    | 進化の話 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.saipri.net/trackback/1432434