RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
<< 鰻釣りができなくなるのか? | main |
ダイエット=赤字決算にすりゃいい。
0
    大変ご無沙汰してしまいました。とりあえず復活です!
    ブログ休止中は本当にいろいろありました。まさに人生いろいろ、島倉千代子さんの世界です。人生には上り坂、下り坂、そして「まさか!」がある…。「うまいことをいうなぁ」なんて思ってましたが、40を過ぎるとそこそこ自分の歩んできた道程が見えてきたりします。まぁ、坂に例えていますが上下の変化だけでなく、左右にも曲がりくねってます。そして上りだったか、下りだったかは通り過ぎてから気づいたりするものですが、良くも悪くも「まさか!」の連続です。そして人生同様、企業経営(運営)にも「まさか!」の連続です。というか、全ては「まさか!」で構成されている。最近やっとわかったのですが、”デキる”経営者はこの「まさか!」を味方に付けているとしか思えない傾向があるように感じます。
    さて進化戦略を勉強していくと、当たり前のように生物の不思議に出くわします。その生物のディテールも生態自体にも、驚きと同時に自然(宇宙)の偉大なデザインセンスにただただ叫喚してしまいます。
    そんなこんなで、久しぶりのブログは「ダイエット」のお話です。
    実は最近またダイエットをしてまして、2ヶ月くらい前から今日現在までで10kgちょっと痩せました。目標まであとちょっとと概ねイメージ通り、順調です。このダイエット、もちろん動物の中では人間様と、人間に飼われているペットの一部だけがやってます(飼い主にやらされてる)。そして自然界に生きる動物は決してダイエットなどしません。必要以上に食べないというイメージがありますが、実際は常に食物が不足していると言えます。
    だいぶ前になりますが、私のとても太った先輩に「人間が飢餓(空腹)状態になった時に機能する生命維持システムは幾つかあっても、血糖値を下げる機能はインシュリンしか無いんだぜ。」と言われたことがあります。衝撃でした。つまり進化という観点から見ると、人類の永い歴史は飢餓との戦いだったのだと言えるかもしれません。人間という種が誕生して以来、飽食の時代と言われる様になって、たかだか100〜200年程度しか経ってない事を改めて教えられました。つまり、昔は人間もダイエットなんて言葉とは無縁だったのです。
    では何故太ってしまうのか…。答えは簡単「食べ過ぎ」ということです。では何故、人間は食べ過ぎてしまうのでしょうか。体質というせいにしたい思いもありますが、実は本能に従って目の前にある食べ物を食べ続ければ必ず太ります。もちろん食べても食べても太らない、特異な体質の方もいるとは思いますが…。そしてその本能をちょっとだけ狂わせているのがストレスらしいんです。ストレスの原因はさておき、ストレスを感じている脳(本能的な部分)は、体を守ろうとして栄養(脂肪)を少しでも多く蓄えようとします。また、満腹感は手っ取り早く手に入れることのできる快楽です。だから食っちまうのです。
    そういった事を理解して、きちんとした目的を持ってダイエットに取り組みます。ただ食事を抜くだけのダイエットは寿命を縮めかねません。ポイントは栄養のバランスのとれた食事と満腹中枢を意識すること。「次も、その次もちゃんと食事はあるわよぉ〜」と、脳に理解させるのです。そして体重計に毎日決まった時間に乗ること。私は朝をお勧めします。
    ここまで書くとあらためて経営と似てると思わざるを得ません。進化戦略の師匠曰く、経営の基本は「入るを量りて出ずるを制す」(最近は分度という言葉をよく使います)だそです。つまり痩せたい時には毎日を「赤字決算」にすればいいのです。どちらも必要なのは正しい目的と正しい手段です。そして自然(この場合は生物の仕組み)を味方につければ結構いけてしまうと思います。結果が出ると楽しくなってきます。さらに師匠曰く「私の指導する会社は、利益が出るようになってくると、不思議なことに自然と売上も上がってくるんだよ。」と言ってます。先日も岩手で開催された進化戦略研究会の全国大会でも、出席したほぼ全員が黒字になっており、その経常利益の総額はスゲーことになってました。先生は「ビリオン(10億)・プロジェクト」と言ってましたが、5年ベースで考えるとその数倍になっちゃいました。
    そろそろ締めますが、40半ばになり残りの人生を考える時、「分度」という考え方が少しだけ理解できるようになりました。会社も自分の体も、長持ちさせる秘訣は同じようなものなのですね。自然は全くもって偉大です。私たちは自然からもっと色々と学ばなければならないようです。
    | 生き物と進化の不思議 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.saipri.net/trackback/1432439