RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
<< 青年部会の親睦事業として江ノ島でゴミ拾いと地引網をしてきました。 | main | 回は少し趣向を変えて日本のドラマの名作(私の価値観)をひとつ紹介します。 >>
さて、2回目となりました、私の好きな映画(ビデオ)紹介です。
0
    さて、2回目となりました、私の好きな映画(ビデオ)紹介です。
    「恋はデジャブ」
    主演は「ゴーストバスターズ」で有名なビル・マレー。この映画も彼の「お決まりパターン」で、最初はすっごい嫌われ者だが最後はとってもいいヤツに…。といったついつい観ている人間が彼に説教したくなるような「道徳痛快ラブコメディー」。ストーリーはビル・マレー扮する気象報道レポーターが、取材クルーと共に訪れたとある田舎町で吹雪に遭い帰れなくなるところから始まる。仕方なく先日泊った小さな町宿で眠りにつくのだが…、朝起きてみるとなんと昨日に逆戻り。それから彼は何度も「その日」を小さな何もない田舎町で過ごす事になる。毎日に飽きた人がよく言う同じ日の繰り返しではなく、本当に同じ日の繰り返しの中で彼は自殺までする。しかし目がさめるとまたいつものベットの中から同じ日が始まってしまう。やがて彼は取材クルーの一人の女性に恋をするが、この女性だけは何度トライしても口説けない。彼には1日しか時間がなく、どんなにいいところまでいっても次の日になると関係は最初(この女性も嫌なヤツと思っている)に戻ってしまう。最後はハッピーエンドなのだが、観ている私たちもあんなに嫌なヤツと思っていた彼を時間が経つにつれ応援してしまっているところがとっても気持ちいい映画です。もちろんビデオは所有しております。お気軽に声を掛けてください。
    最近私の身近な人達の中で話題となっている「トキメキ」という言葉があります。人生をトキメクためには環境だけじゃないんですなぁ。何より主人公がどう生きるかって事らしいです。

    | 映画について | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.saipri.net/trackback/3084