RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
<< 先日「スーパー サイズ ミー」観ました! | main | 載ったどぉ〜! >>
TUTAYAさんの「常連客」斉藤です。
0
    今週も関内TUTAYAさんが旧作半額レンタルをやっています。キャンペーン企画中は特に少ない時間を無理やりつないでDVDを観まくります。また映画の話かよ…、と思わないでくださいね。さて、最近はサスペンスにハマってますが、その中で是非お勧めしたいのを見つけましたのでご紹介します。
    映画をいくつも観ていると今まで気にもかけなかった事が見えてきます。私の映画の見方がそういったことが見えるきっかけになっているのかは分かりませんが、たぶん素直に製作者の意図にハマっているんだと思います。と、そこでサスペンス。サスペンスを観出すようになったきっかけは「セブン」でした。俳優はブラッド・ピット、モーガン・フリーマン。ラストが強烈で印象的でした。その後も「スパイダー」「ハイ・クライムズ」「ボーン・コレクター」などなどたくさん観ました。そして…、先日何気なく観た「SAW(ソウ)」にやられました。
    私のサスペンスにおけるポイントは「結末」です。最後の最後にある「だぁ〜いどんでんがえぇ〜し!」が楽しみで観ています。たったラスト10分位に分かる意外な結末、途中の伏線にまったく気づかず、まさに「やられたぁ〜」という気分を味わいたいがため、約2時間を使います。中には結末に無理がありすぎてガックリ何てこともあるのですが、まぁ一度味わうと病み付きになります。そんな私のことを知ってか、パッケージに「この映画の結末は誰にも話さないでください」と書いてある「dot the i」はそのコピーに負けて思わずレンタルしてしまう始末。ブルース・ウィルス主演の「シックスセンス」などはもう3度も観てしまいました。邦画では「黄泉がえり」最近では「いま、会いにゆきます」(ともに竹内結子主演)。話題の韓流では「僕の彼女紹介します」「シュリ」がラストの意外性を感動に導きます。まぁ、要は映画はラストが肝心というオチです。そういえば、「シュリ」なんかは途中で何度も寝てしまい。何回にも分けて最後まで観ましたが…。
    とりあえずは難しい話は抜きで、「SAW」観てください!
    | 映画について | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.saipri.net/trackback/3103