RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
<< 植木等さん逝く。ご冥福をお祈りいたします。 | main | 観察日記「ど根性かぼちゃ  >>
「みそラーメン飴」
0

    久しぶりのヒトリゴトなのにゲテモノシリーズですみません・・・。先日もお客様のある方からヒトリゴトの更新がされていないことをご指摘いただき、反省しておりました。と、何を書こうかと思案しつつ1週間が過ぎた頃、お土産と言われ渡されたものがこの「みそラーメン飴」でした。うらに「みそラーメン飴のおいしい食べ方」という記述がありましたので、以下にご紹介します。
    ●割り箸は必要ございませんので袋を開けてそのままお召し上がりください。
    ●辛みそ味がお好みの方は唐辛子をかけて食べられても結構ですが味の保証はいたしません。
    ●熱い白いご飯と一緒にお召し上がりになると、ラーメンライス気分も少しは感じられると思います。
    ●飴を溶かしてラーメンのスープに使用するなどという、とんでもない行動はお慎み下さい。

    ・・・だ、そうです。ちょっと胸が痛む文章です。さらに「なまらうまいんでないかい!? みそラーメン飴」と書いてあります。ちなみに「なまら」とは北海道の方言で、「すごく」とか「非常に」という意味らしいです。ちなみに原材料名には「砂糖、水飴、みそ、にんにく、カラメル色素」とありました。
    ・・・ということで、いただきました。口に入れてすぐ、「なまらまずい」飴だと思いました。甘い味の中にやわらかいみその味が広がります。一瞬「バター飴」を思わせるのですが、すぐに「にんにく」の香りと味が口の中に広がり、とても最後までなめきる自信が無くなります。にんにくがなければそこそこなのかもしれませんが、にんにくがなければみそラーメンという飴にはならないということなのかもしれません。私の中で札幌ラーメンのみそラーメンといえば、もやし、厚めのチャーシュー、そして味噌とにんにくです。もやしとチャーシューを省いて、味噌とにんにくだけにしたのは、そのふたつが揃うことがみそラーメンの条件ということになります。まえに紹介した「たこ焼き羊羹」には、紅生姜、青海苔までもが入っていたのに比べると、飴ということがハンデなのかそのこだわりが感じられません。後で気が付いたのですが、パッケージの上の方に「HOKKAIDO DELICIOUS CANDY SERIES」とあります。ネットで調べると「シリーズ」の名に恥じないラインナップ。この飴以外に「ジンギスカン飴」「スープカレー飴」「じゃがバター飴」があり、どれもまずそうです。
    これら変なお土産は「ネタ系土産」というジャンルでくくられているらしい。そろそろうまい「ネタ系土産」に出会いたい気もします。
    | キワモノ | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.saipri.net/trackback/395950