RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
<< 「みそラーメン飴」 | main | 観察日記「ど根性かぼちゃ◆ >>
観察日記「ど根性かぼちゃ 
0
    g
    ど根性かぼちゃ」とまではいかないが、我が家の家の前にかぼちゃが生えています。ちなみに「ど根性野菜」とは道路の舗装のわずかな隙間などから生えている野菜の通称らしい。有名なのは「ど根性大根の大ちゃん」。2005年の暮れ、兵庫県相生市の歩道脇に生えた大根が「大ちゃん(だいちゃん)」と名付けられ、民放テレビ各局などで話題となり、その後は「ど根性ナス」「ど根性ミカン」「ど根性メロン」「ど根性ぶどう」など相次いでど根性野菜が発見されてました。
    ということで我が家のかぼちゃなのですが、勝手に自生しているのではなく、そこには面白いストーリーがありました。
    いつの間にか家の前に生えている何かの野菜らしき苗は、はじめは息子が学校からもらってきたきゅうりの苗だと勝手に思っていました。ちょうどその頃学校の連絡帳に野菜の苗がどうのこうのと書かれていたのを私が見当違いの解釈をして、家の前にでも植えたのだと思い込んでいました。きゅうりの苗にしては蔓を巻きつけるための竿がそばにないことなど、少し疑問はあったものの、かぼちゃかも…ということであまり気にしませんでした。毎日朝水をあげていましたが、あまりに元気よく育っていくので、妻に「学校から持って帰ってきた苗、あれきゅうりかなんかか?げんきにそだってるなぁ。」といったところ。妻は「なんの話?私たちは知らないわよ。お父さんが植えたんでしょ?」と言われて驚きました。じゃあどうして…。答えはすぐに見つかりました。少し時間を遡ること1ヶ月ほど前、私のお友達、中華街にあるおいしい中華料理の店「翠鳳本店」の看板娘の大○さんから受けたアドバイスどおりにしたことで、かぼちゃが生えてきたことになります。我が家に遊びに来てくれた彼女が家の前にあるスペースを見て、「お花を植えるといいですよ。」と言ってくれました。彼女はガーデニングが趣味でご自宅の庭は手入れが行き届いたとても綺麗な植物園のようです。そんなそんな彼女から「まずは土を改良しなくちゃいけません。料理とかで出た野菜のゴミとかを埋めるといいですよ。」私はそれからというもの、料理をした後、気が向いた時ににんじんやごぼう、ジャガイモの皮などを埋めていました。そういえば、その中にかぼちゃの種もあったように思えます。まさに「お寺の和尚さんがかぼちゃの種をまきました…」で、芽が出てきたわけです。写真は6月1日と、6月12日現在のものです。成長が異様に早く感じます。よく見ると花がついています。今後我が家ではこのかぼちゃを「かぼちゃのぼっちゃん」と名づけ、観察を続けたいと思います。
    | 写メ BEST | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.saipri.net/trackback/405906